BLOG

【MAOブログ】ワンマンまで残り2日ということで、ご紹介。

2016.08.05
8月7日(日)渋谷eggmanワンマンライブまで、残り2日となりました。
 
 
 
この日はいろいろな思いが込められたワンマンになると思います。
 
 
なので、このタイミングで大切なメインギターを紹介したいと思います!
 
 
 
Gibson Classic / Lespaul
 
 
 
このギターとの出会いは、2015年7月にボルチモアのOTAKONというイベントに出演することになったのがきっかけです。
 
 
Draft King初の海外進出にあたって、どっしりした重たい音色の子が欲しいなと思い(今までのギターはどちらかというと繊細な音色が多いので)
東京都内の楽器屋を探しまわって、出会ったギターです。
 
 
 
ギターを探し始めて5件目?くらいの、楽器屋さんだったでしょうか。
 
 
まずは見た目に惹かれました。実は、この子とは別にもう一本惹かれるギターがありました。
これは二本とも試奏してみるしかない!と思い、さっそく弾いてみることに。
 
 
 
 
しかし、どちらも求めていた重たい音がしっかり出てる・・・どうしよう!
 
 
 
そう悩んでいるときに楽器屋の店員さんが、私が今使っているギターを指し
「このギターはもう一つ違う音色が出せるんですよ」と声をかけてくれました。
 
 
どうやら、このボリューム等を調節したりするコントロール部分に仕掛けがあったようです。
 
 
このつまみ、写真では分かりにくいのですが引っ張ることができるのです。
 
 
全てのつまみをカチッという音がするまで引っ張ると・・・
どっしりとした重たい音とは一転して私好みの繊細な音色に変わったのです・・・
 
 
一体なんで!?
 
 
その瞬間、大きな衝撃を受けました。
こいつはただものじゃない、と。
 
 
興奮のあまりその時のことはあまり覚えていませんが、
 
 
気づいたときにはこの子を入れたケースを持って、家の中で一人で立っていました。
 
 
 
 
 
配線とか電気の回路(?)とか、そういう難しい仕組みなどは私も理解していないのですが
 
本当によく出来たギターだな、と思うのと同時に、なぜスイッチ一つでそんなにガラッと正反対の音色に変われるのか。未だに謎に包まれているギターでもあります。
謎だからこそ惹かれるところもあるし、謎は謎のままでいいかなと思ったりもしています。
 
 
 
つまり、このギターを絵に表すとこんな感じです。
 
 
謎の生き物です。
 
 
 
 
8月7日(日)渋谷eggmanでのワンマンライブ、もちろんこのギターを使います。
 
大切なギターと一緒に、この日もライブを精一杯楽しみたいと思います。
 
 
 
そして久しぶりのワンマンライブ、現メンバーでの最後のライブとなります。
いろんな思いはあるでしょうがぜひ観にきていただきたいです。
 
 
Draft KingワンマンLIVE 〜LIVE Is Only Once〜
 
OPEN 17:00 / START 17:30 
前売り ¥3,000- / 当日 ¥3,500-
 
 
 
まだ間に合います。
 
一緒に楽しみましょう!